日経について

2020年06月22日 日経コラム

 

日刊教育ブログでは、日経新聞朝刊から抜粋して、毎日ご家庭に情報をお届けします。

一般的なビジネス感覚やマーケットデータを知ることで、子育てにアウトプットしていただきたいなと思っています。

 

それでは、2020年6月22日月曜日の日経コラムを始めていきます。

 

今日のマーケット

主要な経済指標についてお伝えします。

 

日経225:22,484.50(+5.71)6/22 14:27

(日本の代表的な会社である東証一部225社の株式銘柄から計算)

USDJPY:106.88(-0.08)6/22 14:22

(1ドルが何円の価値か表している)

EURJPY:119.73(-0.20)6/22 14:22

(1ユーロが何円の価値か表している)

長期金利:0.005(-0.005)6/22 12:25

(日本国債10年物の利回り、3年と5年は固定金利で10年だけ変動金利)

 

朝刊一面記事

今日の朝刊一面記事は以下の通りです。

 

技師・検出器不要30分検査 秋にも実用化

ポスト安倍始まる(上)コロナで揺れる経済の看板

国家安全法案 月内成立も 中国、28日異例の審議再開

プーチン氏、出馬辞さず 4年後の大統領選

 

記事を読んだ要約や理解を深める情報を記載していきます。

 

技師・検出器不要30分検査 秋にも実用化

技師も検出器も要らず、30分でコロナを判定させる検査が実用化します。

日本大学と塩野義製薬でライセンス契約を結ぶとのことです。

 

ポスト安倍始まる(上)コロナで揺れる経済の看板

安倍政権の任期が2021年9月まで、残り1年3ヶ月に迫りました。

2012年から9年間の長期政権でしたが、現状のルールでは今回で退陣となります。

そのラストスパートの最中に安倍政権の支持率は過去最低水準ととなってしまいました。

理由としては、コロナによる経済打撃が挙げられます。

そして、安倍首相に代わる次の候補が誰になるのかで動きが始まります。

安倍首相に近い人物で岸田文雄政調会長がいますが、どうにもパッとしないようです。

混戦になるとのことです。

 

国家安全法案 月内成立も 中国、28日異例の審議再開

中国は香港国家安全法を今月に成立させる予定です。

通常、中国の国会にあたる全人代は3ヶ月に1度のペースが通常であるものの、今回は前回から1週間しか空いておらず異例になります。

背景には、7月1日に香港でデモが行われるので、それまでに決着したい狙いがあります。

 

プーチン氏、出馬辞さず 4年後の大統領選

ロシアのプーチン大統領は2024年に予定される大統領選について、出馬する可能性を排除しないと述べました。

プーチン大統領は2000年から2008年の間と2012年以降ずっと大統領をしています。

まだ続ける可能性を残しているということです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もとすけ

外資系保険会社で働きながら、愛知県で無料の学習塾を運営しています。幸せな家庭生活を送るためのお役立ち情報を発信中です。子育て診断士とファイナンシャルプランナーの資格を持っています。

-日経について

Copyright© 日刊教育ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.