日経について

2020年06月13日 日経コラム

 

日刊教育ブログでは、日経新聞朝刊から抜粋して、毎日ご家庭に情報をお届けします。

一般的なビジネス感覚やマーケットデータを知ることで、子育てにアウトプットしていただきたいなと思っています。

 

それでは、2020年6月13日土曜日の日経コラムを始めていきます。

 

今日のマーケット

主要な経済指標についてお伝えします。

 

日経225:22,305.48(-167.43)6/12 大引

(日本の代表的な会社である東証一部225社の株式銘柄から計算)

USDJPY:107.38(+0.45)6/13 05:49

(1ドルが何円の価値か表している)

EURJPY:120.82(-0.68)6/13 05:50

(1ユーロが何円の価値か表している)

長期金利:0.010(+0.005)6/12 15:02

(日本国債10年物の利回り、3年と5年は固定金利で10年だけ変動金利)

 

朝刊一面記事

今日の朝刊一面記事は以下の通りです。

 

欧州、在宅勤務が標準に 独英、法制化の動き

未完の官邸主導 慢心と萎縮 情報目詰まり 検証コロナ 危うい統治(5)

2次補正予算 成立 今年度歳出160兆円 迅速な執行 課題

小池氏、出馬を表明 都知事選 再選目指す

 

記事を読んだ要約や理解を深める情報を記載していきます。

 

欧州、在宅勤務が標準に 独英、法制化の動き

日本でも徐々に広がりつつある在宅勤務がヨーロッパでは標準になっていくようです。

既にルール化に向けて動き出しています。

在宅勤務権という考え方があります。

自宅で働くことを権利として保障したものです。

オランダやフィンランドは世界に先駆けて既に法律の整備をしています。

一方、アメリカでは企業主導で流れを作っているようです。

例えば、ツイッター社では全従業員の在宅勤務をずっと続けていきますし、フェイスブック社では5年から10年かけて従業員の半分を在宅勤務に転換していきます。

 

未完の官邸主導 慢心と萎縮 情報目詰まり 検証コロナ 危うい統治(5)

これまで安倍首相は官邸主導の流れを作ってきました。

例えば、首相直属の国家安全保障会議という組織を2013年に設置しています。

これは緊急事態に対応するところで、北朝鮮問題や自然災害に上手く対応してきたようです。

そのような慢心があったものの、今回のコロナでは上手くいきませんでした。

政府は浮き彫りになった課題に対して、どのように対処していくのか考えていく必要があります。

 

2次補正予算 成立 今年度歳出160兆円 迅速な執行 課題

昨日第二次補正予算が成立しました。

今年度は歳出160兆円を超えることになります。

尚、安倍首相の記者会見について首相官邸のホームページに掲載されております。

令和2年度第2次補正予算成立等についての会見

 

小池氏、出馬を表明 都知事選 再選目指す

現東京都知事の小池百合子氏が7月5日投開票の都知事選挙に出馬することを表明しました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もとすけ

外資系保険会社で働きながら、愛知県で無料の学習塾を運営しています。幸せな家庭生活を送るためのお役立ち情報を発信中です。子育て診断士とファイナンシャルプランナーの資格を持っています。

-日経について

Copyright© 日刊教育ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.