日経について

2020年06月12日 日経コラム

 

日刊教育ブログでは、日経新聞朝刊から抜粋して、毎日ご家庭に情報をお届けします。

一般的なビジネス感覚やマーケットデータを知ることで、子育てにアウトプットしていただきたいなと思っています。

 

それでは、2020年6月12日金曜日の日経コラムを始めていきます。

 

今日のマーケット

主要な経済指標についてお伝えします。

 

日経225:22,305.48(-167.43)6/12 大引

(日本の代表的な会社である東証一部225社の株式銘柄から計算)

USDJPY:107.19(+0.26)6/12 16:23

(1ドルが何円の価値か表している)

EURJPY:121.30(-0.20)6/12 16:23

(1ユーロが何円の価値か表している)

長期金利:0.010(+0.005)6/12 15:02

(日本国債10年物の利回り、3年と5年は固定金利で10年だけ変動金利)

 

朝刊一面記事

今日の朝刊一面記事は以下の通りです。

 

家賃減免 交渉が長期化

検証コロナ 危うい統治(4)変わらぬ政官の聖域 民力生かさず政策鈍く

都、休業要請19日全面解除 コロナ対応、国と足並み

NY株一時1100ドル安 第2波警戒

 

記事を読んだ要約や理解を深める情報を記載していきます。

 

家賃減免 交渉が長期化

事業者と家主の家賃減免交渉が長期化しています。

法人が支払う家賃は年間で約20兆円で、その4割が小売りや飲食店です。

緊急事態宣言終了後も、収入が戻らず事業者は四苦八苦しています。

このままではテナント撤退を考えているところもあります。

 

検証コロナ 危うい統治(4)変わらぬ政官の聖域 民力生かさず政策鈍く

10万円給付の振込が日本は遅れています。

3月上旬に経済対策が議論され、4月17日に安倍首相が現金給付を発表しました。

そこから6月5日時点で、給付済み世帯は全体の28%しかありません。

アメリカの場合は、同じく3月上旬に議論し、4月10日には支給開始で即日振込を実現させました。

韓国の場合も、5月11日に支給開始し、たった2週間で97%に給付済みです。

日本においては、民間とも連携しながら、政策実行のスピードを上げていくことが要求されます。

 

都、休業要請19日全面解除 コロナ対応、国と足並み

今日の0時に東京都は緩和措置をステップ2からステップ3へと移行しました。

これで、東京都内のカラオケ、ゲームセンターなどの遊戯施設が再開します。

また、ライブハウスや接待を伴う飲食店は19日に全面解禁される予定です。

 

NY株一時1100ドル安 第2波警戒

米国株式市場が売りムードになっています。

コロナ第二波を恐れて、投資家はリスク回避に走っているからです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もとすけ

外資系保険会社で働きながら、愛知県で無料の学習塾を運営しています。幸せな家庭生活を送るためのお役立ち情報を発信中です。子育て診断士とファイナンシャルプランナーの資格を持っています。

-日経について

Copyright© 日刊教育ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.