日経について

2020年05月25日 日経コラム

 

日刊教育ブログでは、日経新聞朝刊から抜粋して、毎日ご家庭に情報をお届けします。

一般的なビジネス感覚やマーケットデータを知ることで、子育てにアウトプットしていただきたいなと思っています。

 

それでは、2020年5月25日月曜日の日経コラムを始めていきます。

 

今日のマーケット

主要な経済指標についてお伝えします。

 

日経225:20,741.65(+353.49)5/25 大引

(日本の代表的な会社である東証一部225社の株式銘柄から計算)

USDJPY:107.72(+0.27)5/25 17:49

(1ドルが何円の価値か表している)

EURJPY:117.30(+0.13)5/25 17:49

(1ユーロが何円の価値か表している)

長期金利:0.000(+0.010)5/25 15:02

(日本国債10年物の利回り、3年と5年は固定金利で10年だけ変動金利)

 

朝刊一面記事

今日の朝刊一面記事は以下の通りです。

 

・全面解除きょう諮問 緊急事態宣言「感染減少続く」

・危機が問う選択(上)個人か社会か 使い方次第の「背番号」

2次補正 事業規模100兆円超 政府調整、民間融資など軸

・香港で抗議デモ 「国家安全法」巡り数千人

 

記事を読んだ要約や理解を深める情報を記載していきます。

 

全面解除きょう諮問 緊急事態宣言「感染減少続く」

見出しが朝刊なので未決定状態で書かれていますが、5月25日18時の記者会見において正式に全面解除が発表されました。

外出自粛や休業要請については、地域ごとに段階的に緩めていくとのことです。

 

危機が問う選択(上)個人か社会か 使い方次第の「背番号」

マイナンバー制度について、もともと批判も多かったと言います。

国が国民を管理する制度ではないかという意見があったからです。

しかしながら、こうした取り組みは手続きを簡単にできるなどの利便性があるのも事実です。

今回の10万円給付においても、マイナンバーカードを活用してネット申請ができると広報されています。

そのようなことから、私たちは簡単に素早く給付がなされるんだろうなと想像していたのですが。

実際には、カード読み取り機が必要であったり、郵送申請よりネット申請の方が給付が遅いという発表もあったそうです。

他国では、日本でいうマイナンバー制度を十分に活用しているところも存在します。

せっかく実施している制度なので、私たちの生活がより便利になれるような取り組みを期待します。

 

2次補正 事業規模100兆円超 政府調整、民間融資など軸

4月の第一次補正予算案で117兆円の対策が行われたが、今回の第二次補正予算案では100兆円規模になる見込みです。

明後日5月27日に閣議決定する予定で、中小企業や休業者、大学生などを対象に支援が行われます。

 

香港で抗議デモ 「国家安全法」巡り数千人

中国が香港への支配を強めるとされる国家安全法の制定が進行されています。

香港は1997年にイギリスから中国へ返還された歴史があります。

そういう経緯があって、香港は中国の影響も受けつつ、自分たちで自主的に活動できています。

このことを一国二制度と呼びます。

今回の国家安全法では、香港の自主性が失われる危険性があるのです。

危機感を持った若者を中心に数千人規模へのデモへと発展しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もとすけ

外資系保険会社で働きながら、愛知県で無料の学習塾を運営しています。幸せな家庭生活を送るためのお役立ち情報を発信中です。子育て診断士とファイナンシャルプランナーの資格を持っています。

-日経について

Copyright© 日刊教育ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.