医療について

ガンの基礎知識

 

人生100年時代という言葉をよく聞くようになりました。

簡単に言うと、昔よりもみんな長生きになったということですね。

 

誰しも死ぬのは嫌です。

なので、長生きになっていいなあと感じられるかもしれません。

 

ただ、この人生100年時代いいことばかりではないのです。

というのも、病気のリスクがあるからです。

 

今回は、病気のリスクの中でも一番大変なガンについてお話したいなと思います。

 

ガンは凄く身近な病気

ガンなんて言われても、全然実感が湧かないよと感じる読者もいらっしゃるでしょう。

しかし、日本人の死因で第一位はガンなのです。

 

日本人の死因(2015年調べ)

第1位:ガン

第2位:心疾患

第3位:肺炎

 

それだけでも、多いなあという気がするのですが、

なんと日本人の2人に1人はガンにかかり、3人に1人はガンで亡くなるとすら言われています。

 

本当に恐ろしいことです。

 

日本の現状

日本は胃ガン大国だと言われます。

もともと塩分を多く摂る文化です。

塩分は胃の粘膜を荒れさせてしまいます。

胃の粘膜が再生する時に、発ガン性物質が生じるのです。

 

また、戦後に食生活が欧米化されたことによって

肉や脂肪、卵を多く摂るようになりました。

これが、乳ガンや大腸ガン、前立腺ガンを増加させる要因となっています。

 

ガンの治療法

ガンの治療法は大きく分けて3つあります。

 

ガンの治療法

⑴ 外科手術

⑵ 放射線治療

⑶ 抗がん剤治療

 

⑴ 外科手術

外科手術は、ガン組織を切除する治療法です。

問題点がいくつかあります。

目に見えないかたちで転移していると、再発の可能性があるということです。

また、周りの正常な組織も切除するので、身体に負荷がかかります。

 

なので、ガンの進行が進んでいない状態での早期治療が大事になってきます。

あちこちに転移してからの治療は、切除箇所が多くなりますし、再発可能性が高まるからです。

 

最近では、低侵襲手術というものも取り上げられます。

内視鏡的粘膜切除術と呼ばれる胃カメラを使った治療

腹腔鏡手術と呼ばれる傷みが少なく入院日数が短い高度な治療

このようなものがあります。

 

⑵ 放射線治療

日本で放射線治療を受けるガン患者は29%だと言われます。

放射線を流すことによってガン組織を死滅させる治療法です。

 

特徴は4つあります。

1つ目:日常生活を送りながら通院が可能

2つ目:治療効果が高い

3つ目:痛みが緩和される

4つ目:副作用が大幅に減った

 

最近では、高度な治療法も出てきています。

例えば、

三次元照射と言って、回転しながら様々な角度に対応できる治療法

強度変調放射線治療は、ガンのかたちに合わせて照射可能

画像誘導放射線治療は、臓器の体内移動に対応可能

このようなものがあります。

 

それ以外に、有名なものでいうと、粒子線治療というものがあります。

特徴としては、ピンポイント性が高いことが挙げられます。

従来の放射線治療は、ガン組織だけでなく、周りの正常組織にも放射線が当たってしまい、副作用が生じる可能性がありました。

しかし、この粒子線治療は一般の放射線治療よりガン組織にピンポイントで当てることができるのです。

 

メリット

1 外科的手術に匹敵する局所効果

2 身体への負担が比較的低い

3 正常組織への障害を少なくできる

 

デメリット

1 実施施設が少ない

2 先進医療の自己負担がある

 

デメリットに関しては、実施施設を事前に把握すること、民間保険の先進医療特約を付加することで対応する必要があります。

 

⑶ 抗がん剤治療

薬を用いて、ガンを死滅させる治療法です。

かつては強い副作用があった抗がん剤治療ですが、最近めまぐるしい進化を遂げています。

例えば、分子標的薬はガン細胞を狙い撃ちできると言われています。

是非ご自身でも最新情報を集めてみてください。

 

ガンと向き合う上で大切なこと

最後に、ガンと向き合う上で大切なことを3つお伝えしたいと思います。

この心構えを是非みなさんに持っていただきたいです。

 

大切なこと

⑴ ガンの早期発見

⑵ ガンの早期治療

⑶ 良いドクターに巡り会うこと

 

定期検診を受けることをおすすめします。

ガンは早く対応することが何より大事だからです。

 

そして、医療機関やドクターの情報を積極的に取り入れることも必要です。

医療機関やドクターが得意とする分野はそれぞれ違います。

自分は大腸ガンなのに、胃ガンを得意とするドクターが担当では不安ですよね。

だからこそ、良いドクターに巡り会うことは必須条件なのです。

その上、中にはゴッドハンドと呼ばれるドクターも存在します。

そのような方に診てもらえるのは一番です。

 

ただ、実際のところ

どうやって調べられるの?

診てもらえるドクターを選べるの?

という疑問があるかと思います。

 

この記事には、そこまで情報が書けないので、気になる方はメールをください。

motosukedu@gmail.com

ツイッターのダイレクトメッセージでも大丈夫です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もとすけ

外資系保険会社で働きながら、愛知県で無料の学習塾を運営しています。幸せな家庭生活を送るためのお役立ち情報を発信中です。子育て診断士とファイナンシャルプランナーの資格を持っています。

-医療について

Copyright© 日刊教育ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.